「競売開始決定通知書」とは?届いたら何をすべきなのか解説!

公開日:2024/01/01 最終更新日:2024/02/05

疑問

競売開始決定通知とは、住宅ローンの支払いが滞っている場合に届く通知です。いきなり届くと驚いてしまう場合もありますが、競売にかけられるまでに猶予はあります。猶予の間に任意売却や無料相談で解決できる可能性も十分です。仕組みがどのようなもので、どのように対処するべきかを知っておきましょう。

「競売開始決定通知書」とは

競売開始決定通知とは、住宅ローンを滞納している場合に届く通知です。支払い能力がないと判断され、持ち家は競売にかけられます。オークションでもっとも高値をつけた人に購入される仕組みです。

住宅ローンを滞納している場合に来る通知

収入の低さや、自転車操業の家計などにより、住宅ローンが支払えない場合、半年以上滞納するととある通知が来ます。それが競売開始決定通知です。住宅ローンを支払えない代わりに住宅を売りに出し、ローンとして請求していた金額の債権を支払うというもの。

通知が来る人には、それよりも前に督促状などが届いていることがほとんどです。競売にかけられ、売られることが決定すれば、たちまち住んでいる人は強制退去。住んでいる家を失うので、その前に底を打たなければなりません。

オークション方式で売りに出される

競売の方法は、オークション方式を取っている場合が多いです。競売にかけられ、もっとも高値をつけた人が落札、物件の所有権を得ます。裁判所が関わっていることが多く、競売の状況などは裁判所から通知が届きます。

通知を無視してしまうと、知らない間に売却が決まっていることもあるので、裁判所から届く通知には必ず目を通しましょう。オークションには期間が設けられています。家を失わないためには、この期間までに手を打っておくと良いです。

猶予期間はある

競売に関して通知が届いてから本当に売却されるまでには、期間があります。最長で8か月ほどです。この期間中に専門的な機関へ相談を行うことや、競売を取りやめる方法を探しましょう。放置しておくと家を失いかねません。何かしらの方法で家に住み続けられることもあるので、必ず猶予期間を有効に使いましょう。

競売にかけられる前に任意売却をしよう

競売にかけられるまえに、任意売却をすることもできます。一般市場や親族間、リースバックという方法があり、競売よりも高値で売却できるかもしれません。競売にかけられる前に、自らの納得した方法で家を売却することで、意図しない競売を取りやめることができます。

任意売却とは

任意売却とは、ローンの滞納やオーバーローン状態にあるとき、債務者との話し合いや合意によって、競売以外の方法で住宅を売却する方法です。売却よりも高値で売れることもあり、残りのローンの返済や引っ越し資金にあてることも可能です。

売却の方法によっては、そのまま住宅に住み続けられる可能性もあります。任意売却は、競売と並行して進められます。競売の期日前日までに売れなかった場合には競売にて売却されることを知っておきましょう。

一般市場

任意売却の方法として一般市場に売りに出すという方法があります。一般の不動産と同じ市場で物件を販売するので、多くの人に見つけてもらいやすいのが魅力です。人気の土地、物件、間取りであれば高値で売れる可能性があります。

親族間で取引をする

親族間で取引をすることも可能です。親族間で住宅の権利を渡す取引を親族間売買といいます。親族なので、ある程度融通が利くこともあります。売却後も住宅に住み続けられる可能性がもっとも高い売却方法です。

費用も少ない費用で済む可能性があり、手続きなどのやり取りも行いやすいでしょう。一方で、安すぎる金額でのやり取りは税務署から贈与の可能性を指摘されることがあります。注意しましょう。

リースバック

リースバックとは、住宅を買い手に引き渡したあと、賃貸物件として住み続ける方法です。住宅ローンの支払いよりも賃貸として支払う金額のほうが高くなりがちですが、住宅に住み続けられるのが最大のメリットです。引っ越しなどの諸経費がかからないのも魅力です。

無料相談を利用してみよう!

競売や任意売却など、通知が届いてからの猶予を有効活用するためには、専門的な知識を知ることが大切です。無料相談を受けることで、状況に合わせた対処方法がわかります。

専門的な知識が心強い

住宅が競売にかけられるときは、最初に専門家に相談しましょう。住宅のこと、お金のことは複雑で難しいです。専門的な知識を持った、しかるべきところに相談をして、今後の対応や任意売却を行うかなどを決めるのが良いでしょう。

ベストな解決策を見つける最短ルート

専門家への相談は、ベストな解決策を見つけるための最短ルートです。自分で調べても複雑でわからないことが多く、間違った決断で家族を路頭に迷わせてしまう可能性もあります。正しい知識と判断で、納得のいく方法で、競売開始決定通知書と向き合いましょう。

まとめ

競売開始決定通知書は、住宅ローン滞納などにより支払い能力がないと判断されたとき、住宅を競売にかけることを知らせる通知です。裁判所から発行され、必ず開始前に通達が行くようになっています。

これを見逃すと、突然退去せざるを得なくなってしまうので注意が必要です。競売までには猶予期間があるので、他の方法での売却を試みることも可能です。これを任意売却といい、一般市場や親族間、リースバックなどで売却することができます。

親族間やリースバックでは、今後も住宅に住み続けられる可能性が高いので、引っ越しをしたくない場合にはこれらも検討してみましょう。相談には専門家への無料相談を利用し、正確な手続きを行ってください。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

PICKUP TABLE

【埼玉県】任意売却業者!おすすめ比較表

イメージ
サービス名任意売却の名監督(あらたホーム)一般社団法人埼玉県任意売却支援協会株式会社エイミックス一般社団法人全日本任意売却支援協会一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会任意売却119番
特徴難易度の高い債権者との交渉もベストな対応で解決!埼玉県の任意売却に特化交渉から物件の売却まですべて専門スタッフが対応創業から20年、任意売却を専門に住宅ローンの返済に困っている人の悩みを解決依頼者の78.8%が競売を避けることに成功!さまざまなケースに対応できる任意売却業者相談センターを全国に設置!どの地域でも相談しやすいさまざまな相談方法に対応!全国に広がるネットワークでどこでも相談しやすい
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
【PR】家を売る不安に寄り添う!任意売却で大切なのは良いパートナー選び