競売と任意売却はどう違うのか?それぞれの違いを解説

公開日:2024/01/15

比較

住宅ローンが支払えなくなったとき、不動産の売却を視野に入れなければなりません。売却方法には『競売』と『任意売却』の2種類があります。しかし、競売はできる限り避けるほうがよいでしょう。ここでは、2つの違いや競売のリスクについて解説します。経済状況に不安がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

競売は回避すべき?その理由とは

競売とは住宅ローンの支払いが滞ったときに、債権者が行う最終手段です。一定期間が過ぎると、担保になっている不動産を強制的に売却します。住人の都合とは関係なく取引されるので、引っ越し先の選択や生活資金の準備に困るでしょう。

さらに、リスクも多数発生するので回避すべきです。ここでは競売によるリスクを紹介します。

売却価格が暴落する

競売の目的は債権者への支払いを極力大きくすることです。しかし、買取希望者の検討時間が少なかったり内覧ができないといった、不利な状況で売却が進められるでしょう。そこで、必ず売却させるために、相場よりも価格を安くします。

相場の半額ほどになる可能性もあるので、大きな損をすることになります。そして、せっかくの売却をしても債務は多く残ります。その後の返済が非常に厳しくなることがリスクです。

債務者の信用問題

競売がされると、信用情報に悪影響が生じます。債務が支払えなかった記録が数年間残り、ほかの借り入れ取引ができないこともあるでしょう。また、あらたなクレジットカードの作成も困難になります。

個人の信用をなくす状態は、あらゆる債権者に情報共有されるので不便な状態です。将来、大きな出費が必要になった場合に影響が出るでしょう。

住まいの没収

住宅ローンの担保となっている不動産を強制的に売却するので、突然住まいがなくなることもあります。すぐに引っ越し先が見つかればよいですが、家族の都合や地域によってはスムーズに進まないでしょう。心身共にダメージが大きくなるので避けたいところです。

債務の一括請求

競売で不動産を売却したあとに、残りの債務を支払う義務があります。その債務は、債権者から一括請求されることがあり危険です。ギリギリ支払えたとしても、競売後の生活費を考えなければなりません。計画的な返済を優先すべきでしょう。

競売を回避する方法

リスクが多すぎるので、競売はできる限り回避したいところです。ここでは、競売を回避するための手段を紹介します。

早い判断と相談

住宅ローンの返済が厳しいと感じた時点で、すぐに債権者への相談が重要です。競売以外の手段として、任意売却があるので覚えておきましょう。任意売却は債権者に合意を得たうえで進める売却です。

予定を組んで売却を進めることが可能であり、競売よりも家庭の事情が考慮されます。次の引っ越し先を探す時間も確保できるので、精神的負担を軽減できるでしょう。任意売却が可能な期間は督促状が届いて半年程度であり、急いで売却まで済ませることが必要です。

任意売却の専門業者を頼る

任意売却は競売に比べて、その後の生活ストレスが軽減します。そのため、できる限り任意売却がおすすめです。そこで、任意売却の専門業者を利用しましょう。不動産取引なので、一般の不動産会社でも相談はできますが、難しい取引なので専門知識が充分にあると安心です。

また、弁護士や司法書士のサポートを受けられることもあるので、売却後の返済についても相談できます。信頼できるプロフェッショナルに、悩みを解決してもらいましょう。

競売と任意売却が違うポイント

ここでは、競売と任意売却の具体的な違いを解説します。任意売却はいくつかメリットがあるので、競売になる前に検討しましょう。

売却価格の違い

競売は相場よりかなり安い価格で売却されます。債権回収が大前提なので、必ず売却できる価格にまで下げることが一般的です。最悪、相場の半額にまで下がるので、その後の支払いが多額になるでしょう。

一方、任意売却は買主と交渉をするので、相場に近い価格で売却可能です。将来性を考えると、任意売却にて極力高額で売却したほうがよいでしょう。

引っ越し代負担の有無

任意売却の場合、経済的困窮などの事情で債権者から引っ越し代負担をされる場合があります。しかし、債権者の善意でおこなわれることなので、確実に負担されるとは限りません。交渉が成功すれば10万~30万円程度の負担をしてもらえるとされています。

しかし、競売は交渉する時間がないので、引っ越し代は確実に自己負担です。少しでも節約すべきときなので、引っ越し代の負担がされた場合とても助かるでしょう。

債務の支払い方法

競売して債務が残る場合、一括返済を求められることがあります。売却価格が安くなるため、かなり厳しい状態になるでしょう。最終的には自己破産することになり、連帯保証人にも迷惑をかけるかもしれません。

しかし、任意売却は債権者との交渉次第で、返済計画を立てられます。分割返済を継続できるので、無理のない生活をおくれるようになります。

まとめ

住宅ローンの支払いが滞納すると、焦りで冷静な判断ができなくなるでしょう。しかし、できる限りの方法で、将来のダメージを少なくすることが重要です。埼玉では、任意売却の専門業者が多数存在します。経済状況が厳しいときは、早急に相談してみましょう。

また、何社かを比較して、実績や経験値の高い業者選びがおすすめです。信頼できる業者は、さまざまな専門知識があり、事情に合わせて丁寧に寄りそう姿勢があります。あくまで、競売は最終手段としましょう。ぜひこの記事を参考にしながら、理想的な任意売却を進められるようにしましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

PICKUP TABLE

【埼玉県】任意売却業者!おすすめ比較表

イメージ
サービス名任意売却の名監督(あらたホーム)一般社団法人埼玉県任意売却支援協会株式会社エイミックス一般社団法人全日本任意売却支援協会一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会任意売却119番
特徴難易度の高い債権者との交渉もベストな対応で解決!埼玉県の任意売却に特化交渉から物件の売却まですべて専門スタッフが対応創業から20年、任意売却を専門に住宅ローンの返済に困っている人の悩みを解決依頼者の78.8%が競売を避けることに成功!さまざまなケースに対応できる任意売却業者相談センターを全国に設置!どの地域でも相談しやすいさまざまな相談方法に対応!全国に広がるネットワークでどこでも相談しやすい
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
【PR】家を売る不安に寄り添う!任意売却で大切なのは良いパートナー選び