任意売却で引越し代をもらえるとは限らない!?引越し代が出る基準とは

公開日:2024/01/15

お金

住宅ローンの返済ができなくなった場合、金融機関の合意を得て売却を進める方法を任意売却といいます。売却を進めても、残りのローン返済まで足りない場合に用いる方法です。その際、債権者から引越し代を負担してもらえることがあります。この記事で詳しく紹介するので、負担基準について理解しておくとよいでしょう。

任意売却は必ず引越し代を出してもらえるとは限らない

まず、必ずしも債権者から引越し代が負担されるとは限らないと認識しましょう。引越し代負担の有無は事情によりますが、債権者への交渉が必要です。そこを踏まえ、自己負担になりやすいパターンを紹介します。

競売と任意売却の違い

住宅ローンを滞納した場合、不動産が担保となっているので最終手段で競売がされます。競売とは法的手段として、強制的に不動産が売却されることです。引越し先が見つかるまで待つなど、住人のスケジュールとは関係なく進みます。

そのため、債権者へ引越し代を交渉する時間がありません。競売の場合は、引越し代は全て自己負担になります。しかし、同じく住宅ローン支払いが困難な状況でも、任意売却の場合は交渉の余地があります。

必ず負担してもらえるとは限りませんが、競売よりは寄りそった対応がされるでしょう。さらに、残った返済に、無理のない計画を立てられます。競売されてしまうと、相場から半額ほどの売却価格になる危険性もあります。

そのため、返済額が増えることもあり、自己破産を選択すべき未来になるかもしれません。経済状況の悩みが発生したときは、早めに任意売却の相談をしましょう。

引越し代が出るケース・出ないケース

ここでは、交渉した際に引越し代が出る・出ないケースを、それぞれ解説します。基本的には債権者次第なところでもあるので、ポイントを把握して上手に交渉しましょう。

引越し代が出るとき

そもそも住宅ローンの支払いができない状態なので、金銭面の負担が難しいことは大きくアピールすべきでしょう。具体的には、預金残高が少ないことや頼れる身内がいないこと、売却可能な資産がないことなどは説得力があります。

債権者が納得できるような理由を述べ、丁寧にお願いすると引越し代負担がかなうでしょう。また、債権者側には引越し代負担の義務はありません。あくまで、善意であると理解したうえで話をしましょう。謙虚な姿勢や誠意のあるコミュニケーションにより、協力的になってもらえます。

引越し代が出ないとき

預金残高に余裕があるときや、金銭面で援助可能な親族がいる場合は、引越し代は出ません。債権者は、回収金額をできる限り増やしたいのが本音です。また、引越し代負担は義務ではないので、コストがかからないことを目指します。

債権者からすると、引越し代は債務者の自己負担が前提です。そのため、当然のように引越し代を請求するなどといった態度は、かなり印象が悪くなります。どんなに困っていても、引越し代は出なくなるでしょう。債権者の心を動かせない場合は失敗します。

引越し代がもらえるポイント・基準とは

ここでは、引越し代を負担してもらうための具体的なポイントをまとめます。とくに重要な 5つのポイントを実践して、少しでも金銭的負担を減らしましょう。

素直に経済状況を話す

預金や収入、雇用形態など、経済状況の困窮を素直に話しましょう。引越し代すらも捻出が難しいと伝われば、善意を示してくれるでしょう。ウソをつかず、真剣に訴えることが重要です。デリケートな内容なので、話しにくいことではありますが、手を差し伸べてもらえるよう努力が必要です。

引越し費用と相場を確認する

引越し代を負担してもらえることになっても、全額負担ではないので注意しましょう。負担相場は10万~30万円とされています。引越し費用を抑える努力をしつつ、相場金額から交渉するとよいでしょう。

また、引越し業者の見積りなどを提示すると、債権者側も負担額を決めやすくなります。さらに、偽りがないという印象になり、より信頼してもらえるきっかけになるでしょう。

好感度の高い対応をする

引越し代負担は債権者の善意で決定します。そのため、いかに感じよく交渉するかが重要です。誠意をもって謙虚にコミュニケーションをとりましょう。言葉使いや態度など、横柄にならないことがポイントです。

とくに『負担をしてもらって当たり前』といった考えはなくしましょう。債権者に協力してもらえるよう、心を動かす対応が必要です。

不動産会社に交渉依頼する

金銭面の交渉となると、素人には難しいと感じるでしょう。そこで、不動産会社に代理交渉をしてもらう選択肢もあります。交渉が得意な不動産会社を探してみましょう。引越し代が出ない可能性があっても、プロの交渉により引越し代を確保できるかもしれません。選ぶにあたり、ホームページで実績や経験などをチェックしておきましょう。

高額で任意売却する

売却する不動産が少しでも高ければ、債権者側の負担が少なくなります。その分、引越し代程度は出してもよいと、善意をもらえるかもしれません。そこで、重要な売却価格は不動産会社の力量によって決まります。任意売却には専門知識が必要なので、経験値が高い不動産会社を選び、少しでも高い売却をかなえましょう。

まとめ

任意売却を選択する場合、できる限りの節約が必要となるでしょう。引越し代は大きな出費なので、負担をしてもらえると助かります。そのため、引越し代を負担してもらえるポイントを抑えることは重要です。

埼玉で任意売却を考えている方は、交渉や売却価格のアップをかなえる不動産会社を探しましょう。たくさんの不動産会社を充分に比較し、納得できるパートナーとして選ぶことが重要です。将来を考えて慎重な判断をしましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

PICKUP TABLE

【埼玉県】任意売却業者!おすすめ比較表

イメージ
サービス名任意売却の名監督(あらたホーム)一般社団法人埼玉県任意売却支援協会株式会社エイミックス一般社団法人全日本任意売却支援協会一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会任意売却119番
特徴難易度の高い債権者との交渉もベストな対応で解決!埼玉県の任意売却に特化交渉から物件の売却まですべて専門スタッフが対応創業から20年、任意売却を専門に住宅ローンの返済に困っている人の悩みを解決依頼者の78.8%が競売を避けることに成功!さまざまなケースに対応できる任意売却業者相談センターを全国に設置!どの地域でも相談しやすいさまざまな相談方法に対応!全国に広がるネットワークでどこでも相談しやすい
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
【PR】家を売る不安に寄り添う!任意売却で大切なのは良いパートナー選び